7と別れて7と出会うーSONY α7

こんにちは。
投稿した気でいたら、下書きの段階でストップしてました。
てへぺろ。

はぁ。
フナトモです。
タイトル通り、、、

Canon 7D MarkIIを下取りに出して、SONY α7を買いました。

なぜα7IIIじゃないのか。とか、α7IVを待たなかったのか。
その辺は後述するとして
とにかく
「小さいカメラ」
が欲しかったのです。

ぶっちゃけコンパクトだ小さいだと言われてる、最近のSONY α7シリーズですが、正直初代のα7(R,S含む)以外は言うほど小さくないなと思っています。
諸々明けたら店頭で触ってみてください。
グリップはゴッツリ出てるし、4Kだー排熱だーなんだのー。でボディの厚みもどんどん増えてます。
常識を覆す技術革新がない限り、α7IVも確実に大きく厚くなります。
α7Cも同様。
そもそもレンジファインダーとバリアングル液晶は好きじゃないです。色々めんどくさいので。
確かに、初代のα7は最新機種と比べると足りない点が多いですが、圧倒的なボディの薄さや根本的な小ささだけは変え難いと思います。


コンパクトなカメラという点では、α7以外で2機種ありました。

・SIGMA fp
少し前に話題になったフルサイズセンサー搭載のミラーレス。
確かに小さくてコンパクトだし、パウダーブルーやT&Oのようなfpにしかないカラーモードは確かに魅力的。
でも・・・メカシャッターなし。ファインダーは後付け。グリップも後付け。フォーカスエリアの少なさ。
あと、チルト液晶ではないこと。
SDカードとバッテリー込みのfp(422g)に、EVF-11(114g)をつけると約540g。
SONY α7は全て元からあって、バッテリー・SD込みで474g。
「本来あるものを削るだけ削って、後付けしてコンパクト…?」
という理由で却下。

・FUJIFILM X-E4
発表された瞬間から気になっていた一台。
大阪の富士フイルムのショウルームでの先行展示も見に行ったほど。
でもやっぱり、センサーがAPS-Cである。それからレンジファインダーということがネックで却下。
持った感じは全然悪くなかったし、フジのフィルムシミュレーションは憧れ。
ライカ然としたボディデザインも好き。
いつかは欲しいかな…

しばらく使ってみての感想ですが、なんの問題もなく使えるんですね。これが。
月末の写真の記事でまとめます。
RAWで上がってくる画質もなかなか良い。
流石にLUMIX S1RのRAWに比べると、思った色が出しづらいような気がしますが・・・う〜ん?


唯一不満だったのがファインダーのアイピース(アイカップ)です。
デフォルトのは硬ったいゴム製で、爪が白くなるほど強く押しても、うんともすんとも言いません。


しかしながら調べてみるとα7II以降で採用されているSONY純正のアイピースが初代α7にも使えるとのことで、これだけは買い足しました。
ヨドバシ価格1000円でした。やっす。

比べ物にならないくらいフニャッフニャです。フニャッフニャ。
木綿豆腐くらいの硬さです。

ただこいつも弱点があって、画像を見るとわかると思いますが信じられないくらいゴミがつきます。
白い粒々がそうですね。
あえて画像加工はしていません。
あちらを立てればこちらが立たず・・・
仕方ないですね。

ちなみにですが、ストラップは基本つけないので三角環は外しました。
カチャカチャうるさいので。

←デフォルト・別売りのもの→

まとめ
○良い点
・他社にはない唯一無二のコンパクトさ
・フルサイズセンサー搭載
・バリアングル液晶
・APS-Cクロップが使える
・他社レンズが豊富に使えるSONY Eマウントであること
・ちょうど良い画素数(2430万画素)

×良くない点
・メニュー構成の複雑さ
・マイメニュー設定(お気に入り)がない
・デフォルトのアイピースが硬い
・EVF(ファインダー)の解像度が低い

そんな感じです



メニュー構成の複雑さについて、少し言及しますが、これはあくまでも慣れの問題ではあります。
が、「電源ON!よーいドン!」の時点でとっつきにくいメニュー構成なのは間違いないなと感じました。
とはいえ、初代α7なので、代を重ねるごとに洗練されてわかりやすいメニュー構成になってる、、、はず!!!

が、画素数も最新のとさほど変わらず、高感度もそれなりに使えるので、低予算だけどフルサイズを使いたい。あるいは僕のようにとにかく小さいカメラが欲しい。的な人には選択肢としてアリなんじゃないですかね。
高感度がもっと欲しいならα7sですけども
そんな感じです。

以上!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です